Selection Of A Log House

最終更新日:2014/10/2

ログハウスの選び方

 

ログハウスといっても様々種類があることは前記の通りですが、選ぶ基準としては「ハンドカット」か「マシンカット」かということになると思います。ハンドカットとは、手作業で皮むきした直径30cm前後、あるいはそれ以上の太い丸太材を用いたログハウスのことで、ログを横に寝かして積み上げる「丸ログ」と、柱の部分だけにログ材を使った「P&B(ポストアンドビーム)」があります。
一方、マシンカットは、文字通り機械で製材したログ材でつくるログハウスのことで、そのログ材の断面から丸ログと角ログに別けられ、それぞれ用途やグレードによってログ材の太さが違うという特徴がありました。それでは一体どのような基準で選べばよいのでしょうか?
賃貸アパート・マンションを選ぶ時の基準も似ているかもしれません。
いや、似ていないかも・・・

丸ログと角ログ

丸ログは、いかにも丸太小屋という趣きで、アットホームな印象を与えてくれます。このことが丸ログの最大の魅力なのですが、壁の厚みが外に張り出す分、中にも張り出しており、特に壁際に家具などを置いた場合は、部屋の狭さが目立ってしまいます。また、壁の平らな角ログと違って、そのインテリアや調度品などにも気を使わないといけなくなります。

 

セトリング

木材は垂直方向には収縮しないのですが、太さ方向は時間とともに収縮するという特性をもっています。P&B以外のログハウスは、ログ材を横に寝かして積み上げることで壁をつくっていることから、時の経過とともに壁の高さが低くなります。その変化は約5~6%、つまり階高が3mなら15~18cmも天井が下がる計算になります。このログハウス独特の特性のことを「セトリング」と呼び、これを無視して建築してしますと、ドアや窓の建具が上から押されて開かなくなったり、壁に隙間ができて外の景色が望めるという事態に陥ってしまいます。当然のことながら、ログハウスの建築を依頼する場合には、こうしたログハウス独自の特性を理解し、それを防ぐ工法・技術をもった専門業者を選ばなければなりません。そしてその上で、オーナーはその変化の様子を、楽しみをもって見守る心の広い主人でなければならないと心得ましょう。ちなみに、丸ログのセトリングは、樹皮に近い部分を切り落とす角ログに比べて各段に大きく表てしまいます。

 

ログ材の選び方

日本には四季があり、雨が多く湿度の高い風土となっています。これは欧米の乾燥した気候に比べて、正直言ってログハウスに最適な環境ではありません。木は乾燥すれば収縮し、湿気を吸えば太りるため、この作用を、室内と外気との循環に利用したのが、かの有名な正倉院の"校倉造り"です。時空を超えて、ログハウスも同様の呼吸作用をするということは、あまり知られてないかも知れません。ところで、日本に見られるログハウスの多くはスプルス、ダグラスファー、レッドシーダー、フィンランドパインなど、外国産のログ材を使っていることがほとんどです。スプルスは柔らかくて加工しやすい反面、耐久性に不安あり、レッドシーダーは優れた材料ですが価格が高く、一般的にはダグラスファー、フィンランドパインを選択するのが良いでしょう。では、国産材ではダメなのでしょうか。答えはまったく逆で、日本の風土に適したログハウスを求めるなら、国産のログ材で建てるべきです。できれば地場産材を使うのが良いでしょう。木の育った風土と同じ環境にあることが最も自然だからです。もし、あなたが国産材に拘るとしたら、丸ログ、角ログともに国産ヒノキをおすすめします。丸ログとP&Bなら"スギ"でも良い物が建ちます。

 

Valuable information

花王
http://www.kao.com/jp/
記念のブーケ保存
http://hanauta.jp/